低炭素社会の構築に向けた都市・農村の地域連携の枠組み

 
Framework for Regional Partnership between Urban and Rural Area towards a Low Carbon Society
International Association of Societies of Design Research 2009 (IASDR 2009), Seoul, Korea, 18-22 October 2009


Abstract

本研究は、エネルギー・資源の地域循環の設計に焦点をあてて、都市・農村の地域連携の枠組みを構築することを目的とする。はじめに、都市と農村の一般的な特徴および都市・農村連携の例を一覧表に整理した。ここで、低炭素化(温室効果ガス排出削減)の観点から、都市・農村の連携パターンを再検討した。続いて、フロー・ストック勘定分析およびライフサイクルシミュレーションを用いた因果関係モデルの2種類の分析ツールを開発した。フロー・ストック勘定分析は、マテリアルフロー分析を基本に、都市と農村の地域連携による地域のサステイナビリティ向上を評価できるように改良した分析ツールである。一方、ライフサイクルシミュレーションを用いた因果関係モデルは、都市・農村連携の制約条件・適用可能性を定量化するために、離散事象シミュレーションを用いてプロセスを数理モデル化し、シミュレーションを行う分析ツールである。最後に、上述の分析ツールを用いて中国浙江省を対象にケーススタディをおこなった。シミュレーション結果に基づいて、2030年に向けた将来シナリオを記述し、需給バランスおよびエネルギー消費に伴う温室効果ガス排出量を推計した。

The purpose of this study is to develop a framework for regional partnership between urban and rural areas by focus on designing regional circulation of energy and resources. Firstly, we listed the general characteristics of urban and rural areas, and the corresponding examples of urban-rural partnership. Here, from the viewpoint of low greenhouse gas (GHG) emissions, the pattern of urban-rural relationship was reviewed. Secondly, we developed two analytical tools: stock and flow accounts and causal models by using life cycle simulation. The former tool is based on material flow accounting and analysis (MFA) and modified as an analytical tool to evaluate the regional sustainability by the partnership between urban and rural areas. The latter tool models a network of processes and runs a simulation based on the discrete-event technique in order to quantify the constraint requirements of partnership. Finally, we applied these tools to pilot models in Zhejiang province, China. Based on the simulation result, we described possible future scenarios of the region toward 2030, where the supply-demand balance and GHG emissions due to energy consumption are estimated.

Key words: Low Carbon Society, Urban-Rural Partnership, Regional Circulation, Natural Resources, Design for Sustainability.


Conference

IASDR 2009
http://www.iasdr2009.org/
Proceedings PDF (296 K)

(photo: 25 December 2008, Huzhou, Zhejiang province, China)

目次に戻る
立体を再確認する瞬間から自分の中で生命も記憶も立体になる
日本における都市・農村連携による持続可能な社会シナリオ分析

© 2014 Kazutoshi Tsuda. Powered by Movable type.