大学院博士後期課程修了のご挨拶および今後の進路のご報告

 
大学院修了のご挨拶

大変ご無沙汰しておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

私事ですが、御陰様を持ちまして先月大学院を無事に修了し、博士(工学)号を取得することができました。

はなはだ失礼ながら書面にて厚く御礼申し上げます。

資源循環およびサステナブルデザインを専門に、これから積極的に社会に貢献していく所存です。

日々精進して参りたいと思いますので、今後とも応援のほどよろしくお願いいたします。

今年もこれから冬に向けて寒さが厳しくなって参ります。お体には十分お気をつけてお過ごしください。


進路のご報告

2008年11月から大阪大学工学研究科の特任研究員をさせて頂くことになりました。

所属部署は、大阪大学大学院工学研究科附属サステイナビリティ・デザイン・オンサイト研究センターです。

関わるプロジェクトは、その研究センターが受託した環境省地球環境研究総合推進費「都市・農村の地域連携を基礎とした低炭素社会のエコデザイン」というもので、その中で特に「低炭素化に向けた持続可能な地域連携社会の枠組み、指標化、シナリオ化」という研究に取り組みます。

仕事内容としては、都市・農村地域のマテリアルフローやストックの分析、持続可能な地域社会のシナリオ作成に関する研究の実施を行う予定です。

勤務地は、主として大阪大学吹田キャンパスです。「太陽の塔」や国立民俗学博物館(みんぱく)の近くです。大阪方面にお越しの際にはぜひお立ち寄りください。

取り急ぎ、ご報告まで。

ありがとうございます。


津田和俊 2008年10月17日

目次に戻る
やわらかくこわれやすいデザインという設計概念とその具現化
各々が自分の持ち場でどう積極的に参画していくことができるか

© 2014 Kazutoshi Tsuda. Powered by Movable type.