グリーンケミストリーを志向する共生応用化学科のロゴマーク

 
Applied Chemistry and Biotechnology(2003)
千葉大学工学部共生応用化学科 パンフレット・ロゴデザイン


2004年、千葉大学工学部の物質工学科の学科改組により、「環境調和とバイオをキーワードとする新しい応用化学」というキャッチフレーズと共に、共生応用化学科(Department of Applied Chemistry and Biotechnology)が発足した。その前年度、同学科の広報ワーキンググループの斎藤恭一先生よりご依頼を受けて、共生応用化学科のパンフレットとロゴデザインの制作を担当させて頂くことになった。


パンフレットは、A4サイズで表紙・裏表紙を除いて16ページ。内容は、学科理念と目次から始まり、学科の構成(4つの講座と14の教育研究分野)、カリキュラム、キャンパスライフ、卒業研究(研究室の紹介)、卒業生の進路(学部学生・大学院学生)、在校生から一言、そして最後に、先輩からのメッセージで締めくくっている。また、裏表紙にはアクセスマップと学科のURLを記載している。

元々「応用化学」を基盤とした学科であり、その上で、新しく「環境」と「バイオ」をキーワードとして取り込むという学科の特徴を念頭において、そのことが高校生に伝わるように、分かりやすいイメージや配色を検討した。例えば、カリキュラムのページでは、3年生で3つのコース、4年生で4つの講座に分かれるため、1年から4年まで学年数に合わせて「細胞分裂」するような図案にしたり、卒業生の進路のページでは、「分子模型」をモチーフにして就職先の業種の割合を表現したりと工夫をした。


一方のロゴデザインにおいても、パンフレットと同様に、学科の特徴がダイレクトに伝わるように、シンプルに考えた。応用化学(Applied Chemistry)の「C」と千葉大学(Chiba University)の「C」、そして学科理念の中にも含まれる重要なコンセプトであるグリーンケミストリー(Green Chemistry)の「C」を意味する、黄緑のグラデーションを基調とした「C」をロゴの中心に据えた。また、共生応用化学の英語訳のApplied Chemistry and Biotechnologyの頭文字「AC+B」を「化学反応式」の反応物(左側)に準えて、「不可逆反応」を表すひとつの矢印を斜め上に向けて配置することで、学科の今後の発展への期待を込めた。


ちなみに、グリーンケミストリーとは、米国環境保護局(U.S. EPA)でポール・アナスタスらを中心に考案された概念である。その12原則を以下に引用しておく。

//

Twelve Principles of Green Chemistry

1. Prevent waste: Design chemical syntheses to prevent waste, leaving no waste to treat or clean up.

2. Design safer chemicals and products: Design chemical products to be fully effective, yet have little or no toxicity.

3. Design less hazardous chemical syntheses: Design syntheses to use and generate substances with little or no toxicity to humans and the environment.

4. Use renewable feedstocks: Use raw materials and feedstocks that are renewable rather than depleting. Renewable feedstocks are often made from agricultural products or are the wastes of other processes; depleting feedstocks are made from fossil fuels (petroleum, natural gas, or coal) or are mined.

5. Use catalysts, not stoichiometric reagents: Minimize waste by using catalytic reactions. Catalysts are used in small amounts and can carry out a single reaction many times. They are preferable to stoichiometric reagents, which are used in excess and work only once.

6. Avoid chemical derivatives: Avoid using blocking or protecting groups or any temporary modifications if possible. Derivatives use additional reagents and generate waste.

7. Maximize atom economy: Design syntheses so that the final product contains the maximum proportion of the starting materials. There should be few, if any, wasted atoms.

8. Use safer solvents and reaction conditions: Avoid using solvents, separation agents, or other auxiliary chemicals. If these chemicals are necessary, use innocuous chemicals.

9. Increase energy efficiency: Run chemical reactions at ambient temperature and pressure whenever possible.

10. Design chemicals and products to degrade after use: Design chemical products to break down to innocuous substances after use so that they do not accumulate in the environment.

11. Analyze in real time to prevent pollution: Include in-process real-time monitoring and control during syntheses to minimize or eliminate the formation of byproducts.

12. Minimize the potential for accidents: Design chemicals and their forms (solid, liquid, or gas) to minimize the potential for chemical accidents including explosions, fires, and releases to the environment.

Originally published by Paul Anastas and John Warner in Green Chemistry: Theory and Practice (Oxford University Press: New York, 1998).
URL:http://www.epa.gov/greenchemistry/pubs/principles.html

//

少し余談ではあるが、僕の所属研究室の2007年度秋期のゼミ(勉強会)においても、この「グリーンケミストリー」をテーマに採り上げた。内容としては、概念の理解から始まり、さらに具体的なトピックとして、地球温暖化対策、光触媒、低公害車、バイオマス、環境対応印刷、燃料電池、ライフサイクルアセスメント(LCA)を扱った。

最後に、この「共生応用化学科」のロゴデザインは、上述の制作意図とは裏腹に、恐らく異なる理由で採用となったのであろうことを付言しておく。

津田和俊 2008年1月24日(写真:鳥巣智行)

目次に戻る
自転車を一つの切り口として社会に切り込む公共デザインの授業
持続可能な社会や暮らしの具体像を描く試みとしての国際会議

© 2014 Kazutoshi Tsuda. Powered by Movable type.