鳥瞰図と地層断面図を組み合わせた「鳥瞰型環境学」の図案

 
国連大学 鳥瞰型環境学サマースクール Tシャツ UNU/ESD Summer School T-shirt(2007)


unuss.jpg


鳥瞰図×地層断面図

UNUサマースクールのテーマである鳥瞰型環境学を「鳥瞰図」、日頃の大学院における専門性を掘り下げるタイプの研究を「地層断面図」、この2つのモチーフが混在する図案を考えました。ちなみに、国連大学副学長の安井至先生(2003年12月1日〜2007年12月31日迄、在職)の言葉でいうと、「環境を実務として実践する立場における知的活動と、大学院で行われる、ある特定の環境分野を深く掘り下げる知的活動(趣意書 鳥瞰型環境学とは何か)」です。

漫画の表現形式

「環境」における時間および空間の動的な継起性、ストーリー性を表現するために、コマやスクリーントーン、ふきだし等の「漫画の表現形式」を採用しました。コマは、(上から)空、山、森、田舎・田畑、都市、工業、海岸・人工湾、海を表しています。中心にUN House(のつもり)があります。ふきだしは、(上から)雲・湖・環境リスクを表しています。

新品で未完の作品

コマはトーンのみ、ふきだしは白紙。つまり、新品のままでは、この作品は未完です。これは、以前から何度か用いている手法なのですが、各人が主体的に書き込みや塗り絵をする行為を、環境問題に対する様々なアプローチと重ねています。サインやペインティング等、自由に書き込んで着古すのがお薦めです。もちろん、そのままでも結構です。


Concept, Direction : TSUDA KAZUTOSHI
Illustration, Design : AKHR (DESS)
Client : UNU/ESD Summer School


2007年10月9日

目次に戻る
岡山大学を中心とした大学における学生参画型教育改善の流れ
もたいさんのパンクスピリッツとともに:荻上直子さん

© 2014 Kazutoshi Tsuda. Powered by Movable type.